SOTOパワーガスとレギュラーガスの違いは8つ!気温や価格などを比較!

SOTOのパワーガスとレギュラーガスの違いは細かく見ると8個の違いがあります。

主な部分で見ると使用する時の外気温・気圧の影響と火力、価格といった3点での違いがあります。

どういった条件でどっちがおすすめか?

寒い時期や氷点下、高地で使用する場合→パワーガス
外気温的に厳しい状況下では使わない場合→レギュラーガス

パワーガスの方が性能が高いのでその分価格も高くなります。

それでは8点の違いについて解説します!

3本セットなど、まとめてセットで購入すると1個当たりの単価を安く購入できることがあります。

SOTOガス缶の違い8点 パワーガスとレギュラーガスを比較

SOTOのパワーガスとレギュラーガスの違い8点は以下の通りです。

1,成分と性能

パワーガス: イソブタン、ノルマルブタン、プロパンの混合ガス。低温時や高地でも高い性能を発揮。
レギュラーガス: イソブタン、ノルマルブタンの混合ガス。標準的な性能。

2,使用温度範囲

パワーガス: -5℃~+35℃程度
レギュラーガス: 0℃~+35℃程度

3,高地での性能

パワーガス: 高地でも安定した性能を維持
レギュラーガス: 高地では性能が低下する可能性がある

4,価格

パワーガス: やや高価
レギュラーガス: 標準的な価格

5,用途

パワーガス: 冬季キャンプ、高地での使用、より高い出力が必要な場合
レギュラーガス: 通常の使用条件下での調理や暖房

6,燃焼効率

パワーガス: より高い燃焼効率を持つ
レギュラーガス: 標準的な燃焼効率

7,容器の色

パワーガス: 赤色
レギュラーガス: 緑色

8,燃焼時間

パワーガス: やや短い(高出力のため)
レギュラーガス: 標準的

これらの違いを考慮し、使用環境や目的に応じて適切なガスを選択することが重要です。

一般的な使用ではレギュラーガスで十分ですが、厳しい条件下ではパワーガスが有利となります。

sotoパワーガスは氷点下でも使えるの?どのくらいの気温まで?

SOTOパワーガスは氷点下でも使用可能です。

公式情報によると、使用可能温度範囲は-5℃~+35℃です。

ただし、-5℃付近では性能が低下する可能性があります。

SOTOパワーガスの価格は?レギュラーガスといくら違う?

SOTOパワーガスの価格は、容量によって異なりますが、一般的に以下のような価格帯です。

SOTOパワーガス(250g): 約600円~700円
SOTOレギュラーガス(250g): 約500円~600円

価格差は通常100円~200円程度で、パワーガスの方が若干高価です。

ただし、店舗やオンラインショップによって価格は変動します。

また、ガス缶の3つセットとか6つセットなどのまとめ買いで1個当たりの値段がお得になる場合もあります。

sotoパワーガスの成分は?

SOTOパワーガスの成分は以下の混合ガスです。

イソブタン
ノルマルブタン
プロパン

この3種類のガスをバランス良く配合することで、低温時や高地でも安定した性能を発揮します。

一方、レギュラーガスはイソブタンとノルマルブタンの2種類の混合ガスです。

プロパンが含まれることで、パワーガスは低温時の気化性能が向上し、より低い温度でも使用可能になります。

また、高地での気圧の低い環境下でも安定した燃焼を維持できます。

これらの成分は全て可燃性ガスですが、適切に使用すれば安全性に問題はありません。

ただし、使用時は換気に十分注意し、メーカーの指示に従って正しく取り扱うことが重要です。

error: Content is protected !!