日傘は50cmと55cmどっちがおすすめ?比較したメリット・デメリットもご紹介!

日傘 50cm 55cm どっち ファッション

日傘50cmと55cmではどっちがおすすめ?

日傘の親骨が50cmか55cmのどちらを選ぶかは、利用シーンや好みによって異なりますが、50cmと55cmでは直径が約10cmほど違うため日除けの範囲も変わるので、紫外線対策や暑さ対策をしっかりしたい場合は55cmタイプがおすすめです。

楽天市場でランキング入りしている人気の55cm日傘です。

一方で、携帯性や軽さ、スマートさを重視する場合は50cmタイプがおすすめです。

重さも50cmと55cmのものでは100gほどの差があるため軽くて疲れにくいものを選ぶのも重要なポイントです。

楽天市場でランキング入りしている人気の50cm日傘です。

親骨50cmタイプの日傘のメリット

コンパクト
軽い
携帯性に優れている

親骨50cmタイプの日傘は、折りたたみ傘の中でも小さくて軽いものが多く、携帯性に優れています。

カバンやポケットにさっと入れられるので、外出中に紫外線が気になる時だけ使う場合に便利です。

また、四角い形状のものもあり、混雑時でも人とぶつかりにくいというメリットもあります。

重さも200~300g以下で、120~150gという軽量サイズもあり、手に持っても疲れにくいです。

親骨50cmタイプの日傘のデメリット

直径が小さい
丈夫さが劣る

一方でデメリットとしては、親骨50cmタイプの日傘は、開いた状態のサイズが小さいため、上半身を十分にカバーできない場合があります。

特に肩幅が広めの方や、雨天時に使用する場合は、濡れる可能性が高くなります。

また、折りたたみ傘は骨が折れる構造のため、丈夫さやデザイン性に劣る場合もあります。

親骨55cmタイプの日傘のメリット

直径が大きい(+10cm)
雨傘とサイズが近い

親骨55cmタイプの日傘は、折りたたみ傘でも雨傘と同じサイズであることが多く、晴雨兼用として使えるものが多いです。

開いた状態のサイズが大きいため、上半身をしっかりと紫外線や雨から守ることができます。

また、耐風機能や自動開閉機能など、便利な機能を備えたものも多くあります。

親骨55cmタイプの日傘のデメリット

重い
かさばる
携帯性が劣る

一方で、55cmタイプの日傘は、重さやかさばり感があることがデメリットです。

50cmタイプと比べると直径で10cmほど違うため、カバンに入りにくかったり、持ち運びに不便だったりする場合があります。

また、混雑時には人や物に引っかかりやすくなることも注意点です。

重さは300~400g以下で、50cmタイプのものと比較すると100gほど重量感が出てしまいます。

50cmか55cmの日傘のどちらを選ぶかは、利用シーンや好みによって異なりますが、紫外線対策や暑さ対策をしっかりしたい場合は55cmタイプがおすすめです。

一方で、携帯性やスマートさを重視する場合は50cmタイプがおすすめです。

まとめ

紫外線対策、日除け対策を重視する人は55cmタイプの日傘がおすすめ。

楽天市場でランキング入りしている人気の55cm日傘です。

日除け範囲は多少劣ってもいいので軽くて使いやすい方がいいという人は50cmタイプの日傘がおすすめ。

楽天市場でランキング入りしている人気の50cm日傘です。