クリスマスツリーの足元カバーは何がある?手作りはワッペンで簡単に!

 クリスマスツリーの足元カバーは何がある?手作りはワッペンで簡単に!

クリスマスツリーを飾った時にふと気になるのが足元ではないでしょうか。

クリスマスツリーのスタンド脚のようなものが見えてしまうと、せっかく奇麗にライトやオーナメントを飾れても見栄えが悪くなってしまいますよね。

この記事では、クリスマスツリーの足元を隠すカバーについて、

・どんな物があるのか?
・値段はいくらするのか?
・100均の物で手作りはできるのか?

このあたりを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

クリスマスツリーの足元を隠すカバーにはどんなものがあるのか?

クリスマスツリーの足元を隠すカバーはツリースカートという名称です。

素材は麻、綿、フェルト、レースなどです。クリスマスツリーの足元に被せて使います。

また、スカートタイプではなくて、麻やオーガンジーの素材の巾着袋のようなものをツリーの足元カバーに使うという方法もあります。

スカートや麻袋は楽天やアマゾンの通販サイトでは1000円~2000円代で販売されています。

ツリースカートは円状の形をしていて、ツリーの幹が入るように中央に穴もしくは切り込みがあります。

光沢のあるラメ加工を施してある高級感を感じるようなツリースカートはお値段が高い傾向にあります。

それから、カバーという表現が適切ではありませんが、木箱や柵や丸太の杭などで足元を隠すという方法もあります。

これに関しては当ブログの別の記事で紹介していますので参考にどうぞ。

関連記事>>クリスマスツリーの足元は何で隠す?100均の箱や木の活用法!

ツリースカートの手作り方法 ワッペンを使うと装飾が簡単に

ツリースカートはフェルトや布などを使って作ります。(100均にフェルト生地あります。)

スカートの形状や装飾は、楽天やアマゾンの商品を見て参考にするといいと思います。

例えば、

・ツリーと同色の緑の生地をメインにする
・赤い生地をメインにして、サンタクロースの衣装をイメージして白の生地でフチを覆う

などです。

作り方を簡単にいうと、

1、クリスマスツリーの足元が隠せるくらいの大きさの生地を丸く切ります。

2、生地の真ん中にスリット(切れ目)もしくは穴を空けます。

3、もみの木、雪だるま、サンタクロース、雪の結晶、ツリーオーナメントなどのワッペンで装飾を生地に施します。

クリスマスシーズンになると100均に装飾に使えそうなワッペンのようなものが並べられるので、それを縫い付けるのもいいです。

まとめ

クリスマスツリーの足元を隠すカバーには、

・スカート
・袋

のようなものがあります。

これらは楽天やアマゾンなどで通販もできます。

また、カバーの直径サイズはツリーの大きさによっておおよその目安が決まっているので、通販サイトで購入する場合は商品説明を見ておきましょう。

手作りをする場合は、クリスマス感のあるワッペンを用意しメイン生地に縫い付けるというのが簡単だと思います。

スポンサードリンク