クリスマスプレゼントはいつからいつまで子供にあげる?何歳・時の話

 クリスマスプレゼントはいつからいつまで子供にあげる?何歳・時の話

クリスマスが近づいてくると子供にプレゼントを用意しなきゃと思いますが、

・いつからいつまでにあげる(渡す)のか?というタイミングの事

・何歳から何歳まであげるものなのか?という年齢の事

この2つどうしていますか?

この記事では子供にクリスマスプレゼントをあげる年齢とタイミング(何日)について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

子供にクリスマスプレゼントはいつからいつまであげる?(何日・タイミングの話)

子供にプレゼントを渡すタイミングは24日の夜です。

イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスは25日なので、

「これじゃ渡すの早くない?」

と思いますがこれには理由があります。

キリスト教で使われる教会暦は”日没=日にちが切り替わる”という考えですので、24日の夜はその暦でいくと25日なのです。

一般的に24日のクリスマス・イブの日にケンタッキーフライドチキンなど鶏肉料理を食べたり、ケーキを食べたりと子供たちとクリスマスパーティーを開く家庭が多いと思います。

ちゃんと日没後なのでキリスト教の暦では25日なのでタイミング的にベストなのです。

クリスマスプレゼントを親=サンタクロースとして直接子供に渡すのか、それとも夜子供たちが寝た後に枕元にそっと置いておきサンタと親は別者とするかはあなたの家庭のやり方にお任せです。

 クリスマスプレゼントはいつからいつまで子供にあげる?何歳・時の話

クリスマスプレゼントは何歳から何歳まであげる?(年齢の話)

何歳からあげる?についてですが、2通りですかね。

・親御さんが楽しむために子供が0歳の時からあげる
1歳、2歳、3歳と子供が言葉や状況を少し理解できるようになってきた時からあげる

何歳まであげる?に関しては一概には言えませんが、子供がサンタクロース=親だと気づくまでというのも1つのやり方です。

ある時子供が、

「サンタクロースってお母さん、お父さんなんでしょ?」

と言ってきたら、そこで親御さんが認めてしまえばその年齢でクリスマスプレゼントをあげるのは終わりです。

それとも、親御さんがとぼけるのか、

あるいは、

「その答えを知ったらもう家にはサンタクロース来なくなるかもしれないけどいいの?」

という感じで子供に問うというのもアリです(笑)

また、子供がサンタ=親と言ってきた・言ってこなかったに関わらず、親御さんが愛する子供にあげたいのなら成人してもなおあげ続ければいいと思います。

そのような家庭はありますし、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、子供でプレゼント交換をしている家庭もありますので。

まとめ

クリスマスプレゼントをあげることに関して、特に何歳とかこの日というものはありません。

一応理屈としては、キリスト教の暦では24日の夜=25日が始まっているのでこの時にクリスマスプレゼントを渡す(orこっそり枕元に置く)のがいいという意見です。

家庭によっては仕事でお父さんが不在という場合もあるので、25日の夜でも、フライングで23日でも問題ありません。

また2歳くらいからならいろいろと分かってくると思うので、2歳からクリスマスプレゼントをあげるというやり方も1つです。(0歳じゃ早いと思う人もいると思いますので)

それからサンタ=親と子供が気づくまでといわず、クリスマスプレゼントをあげるのは小学6年生までというのも1つのやり方だと思います。

スポンサードリンク