カフェインレスコーヒーの効果!飲みすぎはダメ?メリット・デメリットは?

カフェインには眠気覚ましや気分転換、記憶力の向上とたくさんのメリットがあります。

しかしコーヒーの飲みすぎによるカフェインの過剰摂取で睡眠障害が出たり、利尿作用で脱水傾向が出てきたりとデメリットもあります。

今日はその「カフェインレスコーヒー」についてお話します。

カフェインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーとはコーヒーから「カフェイン」を取り除いたコーヒーです。カフェインのみ取り除いていますので味や香りはそのままです。以前は味が落ちるといわれていましたが、今は言われないとわからないくらいの品質になっています。

「デカフェ」と言われることもあります。「カフェインフリー」と言われることもあります。全てカフェインの入っていないという意味です。

カフェインレスコーヒーのメリット

コーヒーに含まれるカフェインがないので過剰にコーヒーを飲んでも睡眠障害があらわれません。また、カフェインが含まれないので子どもも飲めますし、カフェインは取らないほうが良い妊婦さんも飲むことができます。

また、夜のリラックスタイムにも活用できます。時間を選ぶことなく飲むことができるのもメリットですね。

さらに、美容効果、ダイエット効果のあるクロロゲン酸は残ったままですので美容効果、ダイエット効果もあります。

カフェインによる利尿作用がないので「トイレ、トイレ」と探さなくて良いのもメリットです。

その他、コーヒーで得られる効果(消化促進など)もそのまま残っています。

カフェインレスコーヒーのデメリット

カフェインレスコーヒーのデメリットとしては眠気覚ましにならないことです。カフェインが入っていないのですから当たり前ですよね。あと、風味が少し落ちやすいことくらいでしょうか。

カフェインレスコーヒーは飲みすぎてもいいの?

カフェインが入っていないので飲みすぎてもいい!と考えている方もいると思います。

カフェイン入りのコーヒーよりも胃腸への負担が少ないので少しは多く飲んでも良いと思いますが、カフェイン以外はコーヒーですので歯の着色などの心配は残ります。なんでも飲みすぎはよくないと考えられますね。

カフェインレスコーヒーは家では飲めないの?町のカフェでは飲めないの?

メリットの多いカフェインレスコーヒーですが、家で飲むことはできないのでしょうか?

近所のスーパーやコンビニ、はたまた自動販売機でも気軽に手に入れることができます。

「カフェインレス」の表記がされているもの、または「デカフェ」と表記がされているものがカフェインレスコーヒーです。

コンビニのレジ横のコーヒーマシンのコーヒーはおいしいと愛飲されている方も多いですが、コーヒーマシンではまだ提供がされておりません。購入するならばペットボトル入りか、缶入り、チルドの紙パックになります。

また、町のカフェ(チェーン店)でも飲むことができます。

スターバックスコーヒーでは「デカフェ」と注文するとカフェインレスのコーヒーが提供されます。タリーズやドトール、プロントでも店員の方に聞くとカフェインレスコーヒーを提供してくれると思います。

昔からある喫茶店では提供されていないことも多いです。「カフェインレスコーヒー」を飲みたいというと提供可能な場合もあります。聞いてみることが大事です。嫌がる店員さんもいるかもしれません。

コーヒー豆の状態で購入するときにもカフェインレスの豆があると思います。カルディやコーヒー豆専門店、前術のチェーン店でもカフェインレスのコーヒー豆があると思います。店員の方に聞いてみるのが一番です。

インスタントコーヒーにもカフェインレスはあります。スーパーにもカルディや業務スーパーにもありますので店内の棚を良く確認してみてください。不明な場合はやはり店員の方に聞くのが早いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする