iOCHOWってどこの国の会社?ブックスキャナーの評判・口コミはどう?

<スポンサーリンク>



iOCHOWってどこの国のメーカー?

中国の深セン武通テクノロジー株式会社(Shenzhen Wutong Technology Co., Ltd.)が保有する会社です。

設立は2015年で、主に家庭用や業務用のシュレッダーやプロジェクター、スキャナーなどを製造するスマート家電のブランドとして有名になっております。

従業員数は11人から50人で中小企業クラスとのことですが、

Alibabaの貿易情報サイトによると、年間の流通総額は約15億円を上回り、アジアをはじめ欧米まで販売実績を広げているグローバル企業です。

英語圏での取引も多いようで、企業ホームページは英語表記となっておりますが、簡単な日本語対応もされており、同サイトでは直販も行われています。

公式HP:https://jp.iochow.com/

iOCHOW製品の信用性・評判は?

iOCHOWの商品の信用性については、下記の点で評価できると思います。

・年間の商品流通総額が約15億円以上である。

・アジアをはじめ幅広い取引実績がある。

・創業から比較的短期間で成長している企業である。

・一部の商品は、Amazonで高品質な製品しか選ばれないAmazon’s Choiceに選定されている。

また、主力商品であるプロジェクターやスキャナーは日本のECサイトでも高い評価を受けています。

Amazonでも製品のレビューも多く、評価も★4以上が多く見受けられます。

よくサクラのレビュー投稿が多いものがありますが、比較的にサクラのレビューは少ない印象でした。

iOCHOWのブックスキャナーの評判・口コミは?

iOCHOW製品のおすすめの商品は、Amazon‘s Choiceにも選ばれているブックスキャナーです。

コンパクトな設計になっており、省スペースで卓上の限られたスペースで作業が可能です。LEDライトも付属しており、1700万画素の高解像度で、最大A3サイズまでクリアに読み込むことができます。

自動トリミング機能も備えており、余白やスキャンに不要な部分を自動で削除してくれます。

書籍の読み取りに便利な書籍スキャンモードでは、本の見開きで湾曲してしまう面を補正してくれ、指などの映り込みも画像中から自動で削除することが可能です。

また、OCR技術も搭載しており、スキャンしたページをWord/Excel/PDF/TXTに簡単に変換できます。

リアルタイムでの投影機能も搭載しており、会議のプレゼンテーションや授業などさまざまな場面に利用することができます。

Amazonの口コミでは、

高評価のレビューが多い印象を受けました。

高評価・満足の内容をまとめると、

  • 大量のスキャンに便利。
  • 連続してスキャンできる。
  • 高解像度で画像がきれい。
  • ビデオ機能やリアルタイム投影機能もあっていろいろな場面で役立つ。
  • さまざまな形式でよみこむことができる。

というものでした。

低評価・悪いレビューとしては、

  • 画質が製品に記載されている解像度よりも低く見える。
  • ソフトの処理速度が重たい。
  • 歪み補正がうまくいかない。
  • 読み込むものの材質によっては読み込みづらい。

というものがあげられました。

画質やソフトの処理速度については、使用するパソコンのスペックにもよるところがあるので、使用する際は、パソコンのスペックも合わせてご確認ください。

歪み補正や読み込むものの材質による読み込み不良は、光の加減など多少はコツがいるようです。

周りの環境や、読み込ませ方の工夫をしながら慣れていく必要があるようです。

iOCHOWのまとめ&総評

  • 年間総流通総額が15億円を超えるグローバル企業。
  • 主な製品は、プロジェクターやスキャナーなどのスマート家電を扱う企業。
  • 製品の信頼性も高く、主要製品はAmazon‘s Choiceにも選ばれている。

中国系の企業ですが、日本企業に負けないほどの高品質な製品を取り扱う企業です。

年間の流通量が15億円を超えるほどの企業ですが、2015年創立とまだ若い会社でもあるので今後さらに成長していく企業ではないでしょうか。

難点としては、HPの日本語対応が簡単なものでしかないことと、日本語によるサポートが手厚くはないという点ではないかと思います。

この点に関しては、これから日本への流通が進めば改善していくものだと思われます。

iOCHOWのおすすめ・人気商品

・除湿機

・プロジェクター


<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする