コードAピラーの遊び方は?追加・拡張パーツを増やすということもできる?

Aピラー-e1587382588942 コードAピラーの遊び方は?追加・拡張パーツを増やすということもできる?

フィッシャープライスの「コードAピラー」は動きのプログラムが組み込まれたパーツをつなぎ合わせて様々な動きのパターンを持ったイモムシを動かして遊ぶおもちゃです。

慣れてきたら別売りの「マスタームーブ拡張セット」という追加パーツを導入することで動きのパターンを増やし、より多くの動きの付いたイモムシを組み立てることができます。

フィッシャープライス コードAピラーの遊び方は?

イモムシは各パーツから成り立っています。

直進、右折、左折、止まる、音を出すといったイモムシのパーツをつなぐことで、つないだ順にその動きをします。

家の中で椅子や積み木や絵本などの障害物を置いたりした時に、それを避けて進むには右折や左折パーツを何番目に付ければいいのかを考えるということが必要になります。

子供の思考能力の向上につながるというわけです。

各パーツを組み合わせて動きのパターンを決めて走らせて遊ぶおもちゃです。

フィッシャープライス コードAピラーの追加(拡張)パーツとは?

イモムシに動きを与えるパーツは初期状態のもの以外に「マスタームーブ拡張セット」という別売りのものがあります。

拡張パーツをつなげることで動きのパーツが多くなるのでより複雑な動きのパターンを持ったイモムシロボットで遊ぶことができるようになります。

初めのうちはパーツを少なくし、直進して左折して止まるという簡単なことから行い、物足りなくなったら「マスタームーブ拡張セット」を購入するといいと思います。

フィッシャープライス コードAピラーの口コミ・体験談!

対象年齢は3歳~6歳ですが慣れれば2歳でもいけます。

自分でつなげたり、外したりを繰り返し、イモムシのロボットを追いかけたり、自分の足をトンネルにみたてて、その下をくぐらせたりして喜んでいます。使い始めた当初はまだ1歳で動きを怖がって大泣きしていましたが、今は(2歳)とても楽しそうに遊んでいます。

プログラミングのおもちゃがあるなんて意識すらしたことがなかったので親の私も勉強になりました。いただいた当初はまだ早いのではと思いましたが、2歳でも十分楽しんで遊んでおり、この先長く使えそうなのでとてもいいおもちゃだと思います。同年代の息子のお友達もみんなこのおもちゃにくいつき、とても楽しそうに遊んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする