Amazfitはどこの国のメーカー?スマートウォッチの評判&口コミは?

<スポンサーリンク>



Amazfit(アマズフィット)はどこの国のメーカー?

Amazfit(アマズフィット)は中国に本社があるZepp Health Corporationという会社のスマートウォッチのブランド名です。

Zepp Health Corporationの旧社名はHuami Corporationという会社名でした。

2013年12月に創業されAmazfit(アマズフィット)というスマートウォッチのブランドで人気のメーカーです。

Huamiは中国の合肥、北京、深セン、上海、南京に、アメリカのサンフランシスコのシリコンバレーにもオフィスを構えている大きな会社なんですよ。

Amazfitの日本販売代理店の会社概要

Amazfit(アマズフィット)は中国のメーカーですが日本に販売代理店があります。

株式会社アースリボーンという会社が販売代理店をしています。

会社名:株式会社アースリボーン
所在地:東京都中央区東日本橋
資本金:1000万円
事業内容:スマートウオッチ HUAMI社 Amazfitブランド製品の販売など

Amazfitの取扱店舗は?

Amazfit(アマズフィット)のスマートウォッチの取扱店舗は日本全国に多々あります。

ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ジョーシン、LOFT、Tic TAC、Olympic、ユニティ、京王アートマン、ドンキホーテ、カインズホーム、ベイシア電器、トーキューハンズ、コメリ、フィットハウス、ESPOT、XEBIO(ゼビオ)

通販ではAmazfit公式オンラインストア、アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングでも取り扱っていますので店舗に出向かなくても購入が可能です。

Amazfitのスマートウォッチで人気・おすすめは?

Amazfit(アマズフィット)のスマートウォッチの中で人気のあるおすすめのモデルは「Amazfit Bip S Lite」、「Amazfit Bip S」、「Amazfit GTS 2 mini」の3機種です。

これら3つの機種はアマゾンのスマートウォッチのランキングに入っている人気のモデルです。

アマゾンのカスタマーレビュー(購入者さんのレビュー・評価)も高い評価が付いていますので参考にしてみてください。

Amazfit Bip S Liteのレビュー・評価

アマゾンでのレビュー・評価件数は120件あります。星5つ中星3.8という高めの評価が付いています。星5、星4は120件中71%を占めていて評判の良いスマートウォッチです。

Amazfit Bip Sのレビュー・評価

アマゾンでのレビュー・評価件数は142件あります。星5つ中星4.1という高めの評価が付いています。星5、星4は142件中78%を占めていて評判の良いスマートウォッチです。

Amazfit GTS 2 miniのレビュー・評価

アマゾンでのレビュー・評価件数は53件あります。星5つ中星4という高めの評価が付いています。星5、星4は53件中75%を占めていて評判の良いスマートウォッチです。

Amazfit Bip S Liteのスペック・機能・特徴

<スペック・機能>
・重さ:30g
・ディスプレイサイズ:1.28インチ
・5ATM(50m)防水
・バッテリー:機能を多用するモード→12日間 / 通常の使用→30日間
・着信、メッセージ、アプリ通知
・座りすぎ通知
・スマホの音楽再生をコントロール
・PAI指数システム
・睡眠モニタリング
・心拍数モニタリング
・14種類スポーツモード(ランニング、サイクリング、ウォーキング、ヨガ、フリースタイル、卓球、バスケなど)
・対応機種:Android4.4/iOS 9.0以上のシステムのスマホ
・1年保証付き

<特徴>
Zeppアプリ((旧 Amazfit アプリ)をスマホにインストールしAmazfit Bip S Liteとペアリングをすることで通知や計測をすることができます。

常時表示半透過型ディスプレイのため多くの電力を消費するバックライトを点灯する必要がなく消費電力を抑えることが可能です。目の疲れも防げます。

150種類を超える文字盤のため自分の好きな文字盤に変更が可能です。

5ATM(50m)防水なので水中に入れることが可能。使用後は水気をふき取った方がよいです。また温泉やサウナなど温かい水はNGなのでご注意を。(高温多湿要注意!)

PAI指数システムのPAIとはPersonal Activity Intelligence (パーソナル・アクティビティ・インテリジェンス)のことです。

心拍数を計測し年齢と性別を元に日々の活動量を数値化・見える化し生活習慣病のリスク軽減の参考データになります。

Amazfit Bip S Liteの評判・口コミ

アマゾンにて星4の高評価を付けた購入者さんのレビュー・評価を取り上げました。

求めすぎない人に最適

この製品に求めていたのは
1.通知管理
2.音楽
3.時間がみれること

なので、心拍数やアクティビティの機能なのは全く評価してない。たまに心拍計が起動したりするが、ピッタリと時計と腕をくっつけないと精度は高くなさそうである。

で、上記3点においてBip s liteは必要十分な正解を返してくれる。
特にalways on displayは優秀で、バックライトを点灯していなくても、ちょっとした光を拾い続けているので時計としていつも見やすいのが良い。

アクティビティ機能をとことん求めない人にオススメ。

このレビュアーさんは健康管理というよりかは通知管理したり音楽を聴いたり時間を確認したりという目的で使用しています。

Amazfit Bip S LiteにはPAI指数システム、心拍数モニタリング、睡眠モニタリングなどの健康管理の機能もあるのでそのような目的でも使用可能です。

常時表示半透過型ディスプレイのおかげで画面が見やすいという点もメリットです。

Lite版というだけあって「Amazfit Bip S」と比較すると性能はやや劣りますね。

Amazfit Bip Sのスペック・機能・特徴

<スペック・機能>
・重さ:31g
・ディスプレイサイズ:1.28インチ
・5ATM(50m)防水
・バッテリー:機能を多用するモード→15日間 / 基本的なモード→40日間
・GPS
・着信、メッセージ、アプリ通知
・座りすぎ通知
・スマホの音楽再生をコントロール
・PAI指数システム
・睡眠モニタリング
・心拍数モニタリング
・17種類のスポーツモード(ランニング、サイクリング、フリー、ジョギング、水泳、ヨガ、縄跳び、バドミントン、バスケなど)
・対応機種:Android4.4/iOS 9.0以上のシステムのスマホ
・1年保証付き

<特徴>
こちらのAmazfit Bip SをAmazfit Bip S Liteと比較すると機能や性能は優れています。

GPS機能が付いていたりバッテリーの持ちやスポーツモードも少し種類が多かったりとLiteと比べるとこちらのAmazfit Bip Sの方が勝っている点があります。

Amazfit Bip S Liteと同様に150種類以上の文字盤や常時表示半透過型ディスプレのため消費電力を抑えられバックライトの点灯も不要なので目にも優しいです。

Amazfit Bip Sのスポーツモードには水泳もあるので5ATM(50m)防水を活かすことも可能です。

Amazfit Bip Sの評判・口コミ

アマゾンにて星4の高評価を付けた購入者さんのレビュー・評価を取り上げました。

ウォーキング時等のログをつけるのに最適

良い点
・GPS内蔵で、スマホアプリ経由で連携させたstravaにアップロードできる
・心拍数の自動記録機能があり、GPS内蔵である商品としては手頃

悪い点
・心拍数の数値は正確性に欠け、自分で測ってみた回数やgarminの光学式心拍計のものと比べると明らかに低く出る
・睡眠の質を測る機能については、garminの方が正しく出ると思う(本機は、深い眠り/浅い眠り/覚醒、garminは深い睡眠/浅い睡眠/レム睡眠/覚醒)
・消費カロリーの推定がアプリでなされるが、stravaと比較すると高めに出、多分本機の推定が間違い

その他
ウォーキングのログをつけるために、GPSと心拍計内蔵でstravaと連携させられる商品を探していたら本機にたどり着いた。
この機能があるものとしては最安の部類だと思う。
GPSの信号を拾うスピードについては、まあ満足できるものだと思う。
ANT+非対応なのと心拍数カウントがおかしい点に目をつぶれば、サイクリングにも使えるとは思う。

このレビュアーさんは健康管理や運動・ウォーキングといった目的・用途でAmazfit Bip Sを選んだようですね。

strava(ストラバ)というロードバイクとかランニングとかの記録もできる無料のGPSアプリがあって、それと連携できるスマートウォッチがこのAmazfit Bip Sということです。

GPS機能がることで正確な距離が把握できるので運動の記録をしたいという目的の場合はあると良い機能です。

Amazfit Bip S LiteだとGPS機能がついていないのでGPSを求めるならAmazfit Bip Sをおすすめします。

Garmin(ガーミン)というメーカーの高級スマートウォッチがあるのですが、それとAmazfit Bip S比較すると心拍数・睡眠・消費カロリーといった測定の精度は劣ります。

ただし値段がGarmin(ガーミン)の方が圧倒的に高いのでお安めのAmazfit Bip Sと比較すること自体が間違っているので、Amazfit Bip Sはコスパの良いスマートウォッチを求めている人向けといえます。

Amazfit GTS 2 miniのスペック・機能・特徴

<スペック・機能>
・重さ:31g
・ディスプレイサイズ:1.55インチ
・5ATM(50m)防水
・バッテリー:220mAh
・GPS
・Amazon Alexa(アレクサ)日本語対応
・着信、メッセージ、アプリ通知
・座りすぎ通知
・スマホの音楽再生をコントロール
・ストレスチェック
・PAI指数システム
・睡眠モニタリング
・心拍数モニタリング
・経周期トラッキング
・70種類のスポーツモード(ランニング、サイクリング、フリー、ウォーキング、ボウリング、釣り、スノボー、スイミング、ヨガ、縄跳び、バドミントン、バスケなど)
・1年保証付き

<特徴>

Amazfit Bip SやAmazfit Bip S Liteよりも値段が高い分スペック・性能が高いです。

Amazon Alexa(アレクサ)日本語対応しているのでスマートウォッチで管理や確認が可能です。

ディスプレイサイズは1.55インチと若干大きくなり画質(解像度)は354×306と2倍弱高くて綺麗になっています。

スポーツモードも70種類と豊富です。

ストレスモニタリングや月経周期トラッキングといった機能も追加されていてより健康管理目的に使用が可能です。

また文字盤のカスタマイズ性も上がっているのでオシャレさもあります。

Amazfit GTS 2 miniの評判・口コミ

アマゾンにて星5の高評価を付けた購入者さんのレビュー・評価を取り上げました。

隠れた名機!

ブラックを購入。この機種、マジでコスパ最高の隠れた名機です。
まずデザインが秀逸。ブラックと言いつつもサイドは光沢のあるグレイメタリックのアルミ製。ガラス面に沿ってエッジが切られており、キラキラと輝くのが高級感を演出してくれる。
次にサイズと軽さ。本体サイズはミニマムだが、高精細ディスプレイのおかげで情報をしっかりと読み取れる絶妙なサイズ感。薄くて軽いのでスポーツ時も睡眠時もまったく気にせずに常に付けていられる。
機能的にもGPS搭載かつSpO2測定まで含めて、一般的な測定機能はほぼすべて網羅しており、これで売価1万円は本当に安いと思う。
個人的に難点と思うところは、ストレスの常時モニタリングONで電池持ちが非常に悪化すること、お気に入りのウォッチフェイスが2つまでしか本体に格納できないこと、くらい。

このレビュアーさんはデザイン、サイズ感、機能性すべてにおいて大変満足しているようです。

Amazfit GTS 2 miniの解像度はAmazfit Bip S / Liteのモデルと比べると2倍弱高いので画質も綺麗になっています。

スマートウォッチは腕に常時身に付けるものなので薄くて軽いというのは重要な部分です。

値段と性能・スペックを考えるとコスパが良いスマートウォッチということです。


<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする